The smell of sky

Photographer。知らない土地と、スタンダードが好き。アート、自然、田舎は心がヒリヒリして落ち着く。最近は400年に1度の大地震を経験して新たな悟りを開く。煩悩がある人間はこんなことがないと気づかない。

BMW G310GSがやってきた。所有者としての感想。

まだ乗っている人が少ないのでネットにも情報が少ないですね。
購入検討している方にちょっとでも役に立つでしょうか。個人的感想を書いてみます。

シート高835mm。
どうですか?高いですか?って聞かれます。
僕はオフ車経験もあるし、ドカティのムルティストラーダなどにも乗っていましたから、購入に際してこのシート高はなんの妨げにもなりませんでした。
本当のオフ車ってもっと高いですよね。CRF250 RALLYで895mm。ダートを走れる機能のあるバイクなら仕方ないところ。
ただ、実際に乗ると柔らかいサスがすっと沈むので、身長169cmの僕で両足つま先(ブーツ履いてかかとが5cm浮くくらい)、片足ならべったりと着きます。車体も軽いのでそんなに不安感はないと思われます。が、ここで不安を感じる人は分かれ道でしょうか。

セルをちょっとだけ長めに回してかかるエンジンに火を入れると、単気筒が軽めにトトトトトとちょっと頼りなさげに音を出します。国産250cc単気筒だといかにも回らなさそうな(失礼)サウンドを奏でたりする車体もありますが、この水冷DOHCエンジンは軽快なサウンドで期待感を持たせてくれます。
アクセルをひねると、4000rpmから上はヒュンヒュンとトップエンドまで回ってくれます。ただ、慣らし中は5000rpmまでなので、これから美味しくなるという領域をほとんど使えません。310GSの慣らしは早めに終わらせましょう。

一方で3000rpm以下の低回転はかなりショボいです。大型に乗ってきた僕は、低回転でクラッチを繋ぐ癖があったため、最初はエンスト三昧で立ちゴケ寸前でした。
3000rpm以上まで速やかに回転を上げてスマートにクラッチミートする必要があります。この辺はダートに入った時にもかなり影響するはずです。悪路を走る時には速度をかなり落としたり、一度停車してスタートと同時にコブを乗り越えていくようなことも多いはず。その回転域でエンストしやすいように思います。(まだそこまでの悪路には行っていないので推測ですが)
メーカーとしてはフラットダートを爽快に駆け抜けるような設定で考えているのでしょう。もうちょっと悪路にチャレンジしたい人は、スプロケをちょっと落とした方が楽しいでしょうね。私はノーマルで十分ですが。笑

舗装路は超快適!
直進はフワッフワのサスと310ccにしては大柄なボディ、座面の広いシートでアメ車のように楽に走れます。スタートは書いた通りに非力ですが、3速まで上がった頃にはイメージがガラッと変わって「めっちゃ走る!」と感じます。
ホームコースの阿蘇、ミルクロードあたりを走ってもスピードレンジはほとんど大型バイクと同じ。それも慣らし中の5000rpm以下で走っての話です。310ccってこんなに走るか?と、自分で買っておいて不思議な気持ちになります。
タイヤがまたよく出来ていて、舗装路の食いつきもフラットダートでの安心感も素晴らしく、楽しんで長距離からワインディング、横道のダートまでこなせます。
コーナーでの感触など、以前友人に乗せてもらった1200GSにそっくりのターンイメージでした。やっぱり小さくてもGSはGSです。

先日は、1日で400km(8割は一般道)走って来ましたが、まだまだ余裕。正直310ccでそんなに走れるとは思っていませんでした。日本1周をさらっとこなす能力があると言えます。

因みに、その時に燃費は実測計算で33.4km/l
メーターのコンピューター表示で32km/l

メーター表示が実測より下って安心感があります。
とりあえず、僕の310GSは現在、走行距離700km。

とにかく慣らしを終わらせたいと思います。

f:id:graphes:20180308195755j:plain

f:id:graphes:20180308195815j:plain

f:id:graphes:20180308195835j:plain

f:id:graphes:20180308195854j:plain

f:id:graphes:20180308195914j:plain