The smell of sky

Photographer。知らない土地と、スタンダードが好き。アート、自然、田舎は心がヒリヒリして落ち着く。最近は400年に1度の大地震を経験して新たな悟りを開く。煩悩がある人間はこんなことがないと気づかない。

ここ最近のキャンプ、ダイジェスト(梅雨だから)。

東京はこの週末に梅雨明けしたそうですね。

九州は台風の影響もあって、今週いっぱいは天候不順。
梅雨明けは来週になりそうです。

と、そんな時期なので僕の大好きなアクティビティは少しばかり休憩タイム。
ちょっとさみしい。笑

僕の2大アクティビティはバイク、キャンプ。と、それを組み合わせたりしながらの旅。(3つじゃん)
自然のなかに入れば人間は小さなものと体感できる。単純にロードをロングツーリングしても地球ってやっぱデカイなぁ、って感じる。そんなのが好きです。

雨も本当は好き。
キャンプでタープに落ちる雨音を聞きながら火にあたったりくつろぐのは気持ちいいですね。ただ、撤収が面倒臭い。

昨年の後半からソロスタイルに変えたキャンプは新鮮で楽しくて、ただいま最高の趣味になっています。しかし、ブログにはあまり上げてないですね。なんでだろ。

案外現場が忙しくって写真撮ってなかったり、何かと汚れやすいキャンプにカメラを持っていくのも若干億劫というのもありますが、今後は記録に残すためにも、もうちょっとアップしていきたいと思います。

で、今日のところはダイジェスト的な。

まずは現在どハマり中のハンモック泊。これまで約16年はずっとMossテント。昨年末は補修を行い、浮気もせずこの一張りだけを使ってきましたが、久しぶりに買う気にさせたテントがハンモックスタイルでした。
ハンモックはとにかく収納が小さく、設営と撤収が早い。また通常のテントだと室内マット、グランドシートなどいくつかのオプションが必須ですが、ハンモックならせいぜいシュラフがあればOK。冬場は背中からの冷気が相当寒いと聞いているのでMossの出番でしょうが、3シーズンはいけそう。
バイクキャンプ時にも荷物が圧倒的に減らせるので威力を発揮できそうです。(まだバイクで行けてない)

f:id:graphes:20180702151028j:plain

f:id:graphes:20180702152716j:plain

晴れたらタープを広げて風をたっぷり入れます。

f:id:graphes:20180702152826j:plain

包まれ感がたまらない。そして風が最高に気持ちいい。

この1年のテーマはモノを減らすこと。
長いことキャンプをしてきて、いつの間にか増えた色んな道具は本当にいるのだろうか?道具に助けられ過ぎていないか、自然と向き合えているだろうか?と、考えることでした。
その結果、今年からガス、着火剤、ホワイトガソリンを持っていくことをやめました。オイルライター、オイルランタン、テント内用に小型LEDライトはOKという自分勝手なルールなのですが。
上の3つをやめるとまず光量が圧倒的に下がります。料理も薪で全てやるから火力調節も容易ではありませんし、そもそも最初のうちは薪に火をつけるのでさえ大変でした。しかし、なんでも慣れるものですね。薪の火もあっさりと付けられるようになったし、光量さえ目が慣れて、今ではガスカートリッジのランタンが眩しすぎます。

f:id:graphes:20180702154947j:plain

写真の時は違いますが、できるだけ薪も倒木の現地調達です。

f:id:graphes:20180702160845j:plain

以前はガスやガソリンの「シューッ」という音が心地良かったけど,今はオイルランタンで無音。光量はガスの半分以下。

f:id:graphes:20180702161151j:plain

オイルランタンより更に光量半分のシアトル製キャンドルランタン。やはり目が慣れた。

 

夜の森のにおい、黒い山に響く鳥や動物たちの声、自分の手も見えないような暗闇。
そこにある僅かな火の光に、安堵と温かみを感じます。

f:id:graphes:20180702162134j:plain

f:id:graphes:20180702162259j:plain


来週はきっと梅雨明け。
山奥バイクキャンプを目指します。





G310GSで大型バイクとツーリングした時の感触とG310GSならではの魅力

先日の四国ツーリングは友人のMT-07と一緒に行ったので、大型バイクとの同行ツーリングの感触をちょっと書いてみたいと思います。G310GSを購入検討している人は知っておきたい情報かもしれません。(関係なかったらゴメンなさい)

自分の感覚だと600ccを越えると加速、速度とも日本の一般道路では申し分のないパワーがあると認識しています。今回は約700ccのMT-07とのツーリングでしたが、やはり信号での停止→加速を繰り返すような街中近郊では一緒に走ると若干のストレスを感じます。正確には相手にストレスを与えているかも?と思いつつ、のストレスでしょうか。

f:id:graphes:20180516202408j:plain


3速以上、40km/h以上の速度に乗ればほとんど大丈夫です。また田舎道での快走路もさほど問題ないと思います。常識的なレベルで言うと、速度域は変わりません。(異次元速度の大型バイク乗りの方は別途)低速コーナーからの立ち上がりは刃が立ちませんが、タイトな道路では小排気量軽量車が有利な場面だってありますから、道次第と言える部分もあります。とにかく、案外速いんです。

ただし、相手が通りがかりの見知らぬ大型バイクですと、前方に中型バイクを見かけた場合は、やっぱり遅く感じると思うので道を空けてあげた方がいいですね。因みについていこうとしても大型バイクのアクセルひとひねりでポツンと置いていかれます。笑

f:id:graphes:20180516202436j:plain


お伝えしておきたい事と言えば、大型バイクとのツーリングはお互いにストレスが全くないかと言えばウソにはなると思います。しかし、自分が大型バイクの時にも経験がありますが、ワインディングに入って「先にいっとくねー」、みたいなノリで速く走りたい人だけ30分ほど好きに走り回って、どこかで後続を待つような時、思ったよりも早くすぐに後ろはやってくるものです。ベタ付きで走れば引き離されるかもしれませんが、それをタイム差で言えば、そこそこの距離を走っても数秒〜数十秒の差。

これがレースやバトルと受け取るなら負けですが、ツーリングと考えればタイムスケジュールにはなんの影響もないし、旅で景色を見たり、降りて写真を撮ったりするのもツーリングの醍醐味。そもそもは大型バイクではついついアクセルを空けてしまって、旅の景色を見逃しがちだと思ったのも僕の排気量ダウンのきっかけの一つでした。

一方で僕は、快走路でコーナーをスポーティに駆け抜けることは今でも大好きです。
バイクというモータリゼーションの楽しみは、一つ一つのコーナーを減速→バンク→ターン→加速を心地よく美しくキメてゆくことにかなりの魅力が凝縮されていると思います。あとはそれを人と競りたいか、負けん気がつい出ちゃうか、という部分ですね。笑

G310GSは、このモータリゼーションを結構な速度域でも存分に楽しむことが出来て、尚且つ脇のダートにいつでも滑り込むことができるのが魅力だと思います。もちろん、兄貴分の1200GSはもっとハイパフォーマンスな訳ですが、一つだけ勝てる部分があります。それは兄貴よりも圧倒的な軽量であること。

f:id:graphes:20180516202457j:plain

ダートではクルマ1台分くらいの道幅が多いですよね。
1200GSに僕の腕でその道に入ったと想像した場合。もし山奥で先に進めない状況になった時にどうUターンするか?その時の足場が平坦とは限らず、滑りやすいサラサラな泥状況かもしれない。降りて押したり引いたりも車重が重ければ容易ではない。もし倒した場合、そういった状況で一人で1200GSを起こせるのか?
そんなネガティブな想像をして、きっとロクにダートに入らず、入っても相当に浅い領域。僕の1200GSはそのうち見た目だけアドベンチャーなオンロード専用車になることでしょう。(あぁ、腕がほしい。。)

しかし、G310GSなら、僕の腕でもナント、アクセルターンが出来てしまいます!
降りて押し引きするのもなんてことはありません。(既に経験済み)

今度は純然たるオフ車であれば、さらりとガレ場だってこなすことでしょう。しかし、今度は先のモータリゼーションの楽しみや、ロングランの旅、高速道路移動などで少し無理がきてしまいます。(もちろんノンビリと行けばいいのですけどね。)

f:id:graphes:20180516202517j:plain

日常のコーナーの楽しみ
林道での楽しみ
高速道路・長距離移動

これらをハイレベルにバランス良く楽しめる旅バイク。それがG310GSだと思います。

どうにも埋められない排気量から来る性能の差はあっても、それを埋めるに十分な魅力がG310GSにはあると思います。べた褒め!!

要は僕の使い勝手にジャストフィットしてるだけなんですけどね。
あとは車検の有無でしょうか?でも250ccでは、パワーが足りずにこのバランスが得られない。日本の法律の悩ましいところ。

フィットする方へ、是非お奨めします。

f:id:graphes:20180516202536j:plain

G310GSにクリスタルガード・ワンをトライ

ゴールデンウイーク最終日は施工作業。
G310GS以前に所有していたバイクで、MV Agusta Brutale、BMW R100RS、Honda CB350Fourあたりからは、何かしらやっていたコーティング。
今回は新しく「クリスタルガード・ワン」なるものを使ってみることにしました。丁寧に調べあげた訳ではなくショップで物色して、これいいかも?程度の購入です。

持ち帰って付属の説明書を読むと今までになく、まあまあ手間(先にしっかり調べろという感じですが)。しかし、より本格的に違いないとポジティブにくみ取って、頑張って作業しました。
まずは四国ツーリングで泥だらけになったG310GSを一般の洗車用ボディウォッシュ剤でできるだけ丁寧に洗って水流し。まだ濡れているうちにクリスタルガード・ワンを薄く吹き付けて塗り伸ばしました。初めての作業で自分の技術的未熟さもあるでしょうから、あまりやり過ぎないようかなり少量を薄く伸ばしたつもり。塗り終わったら30分ほど放置。もう一度ホースのシャワーで流してまた水分をタオルで拭き取りました。
これから何度も施工する度により威力を発揮すると書いてあるのでそれに期待します。

f:id:graphes:20180507153357j:plain

できるだけ分かるように、と思って撮影してみました。が、なんとも言えませんね。笑
黒いプラスチック部分もやってみたのですが、ちょっと重みが出たような気がします。

f:id:graphes:20180507153420j:plain

これから何度もやって育ててみようと思います。

f:id:graphes:20180507153432j:plain

G310GSに、enduristan Tornado Pack sackの使用感

前回「enduristan XS Base pack」がツボにはまったので、ロングツーリング用に「Tonado Pack sack(トルネード ドラムバッグ)」を導入しました。なぜ英語表記(スイス語表記?)とカタカナ名が違うのかは輸入業者の都合でしょうから分かりません。
このドラムバッグはサイズが4種類(S・M・L・XL)ありますが、今回ご紹介しているのはLサイズ(全長61×高さ32cm / 51L)です。実はキャンプツーリング用にXLサイズ(全長67×高さ38cm / 82L)も購入済みなのですが、まーーーー、デカイです。* これもいつかキャンプツーリングでご紹介したい。

G310GSのリアキャリアは1200GSと同品番とディーラーで聞いていますので、後ろだけ見ていただく分には1200GSと同じサイズ感。泊まり先が国内ホテルの場合ならLサイズで十分だと思います。因みに僕はホテルツーリングの場合、現地に着くとライダーとは見えない洋服に全着替えするタイプ(笑)ですから荷物は多い方ですが、Lサイズにお土産を詰め込んだ帰り道(写真の状態です)でもまだ少し余裕があります。完全防水なので、雨の帰り道でもカバーを被せる手間もなく便利でした。

f:id:graphes:20180505152651j:plain

ただ、外側にポケット一つないのがちょっと不便。純正ベルトもシンプルにガッチリと固定できるので、取り付けた感じは余分なものがなく好感が持てますが、ツーリング先でどこかへ着く度に大きなバッグを固定ベルトから外して荷物を出し入れしていてはあまりに手間。このバッグにポケットがないのは、オフロードを分け入って山で直接ステイすることを設定しているようですから、観光地にストップ&ゴーを繰り返すツーリングは想定していないようです。それを解消するために「XS Base pack」を上に載せて小物入れ的にも使いました。

f:id:graphes:20180505152710j:plain


それでもこのバッグを購入したのは、PALSがセットアップされているから。
PALS(Pouch Attachment Ladder System)は米軍が開発した、バッグにいろんなものを取り付ける規格で、サバゲーをやる人にはお馴染み。僕はサバゲーはしませんが、キャンプに便利なので多用しています。この数センチ毎に縫い込まれたベルトに、やはりPALS規格のポーチをなんでもセットできるので、後々どうにでもなるか、と思って購入しました。

f:id:graphes:20180505152743j:plain

今回取り付けたのはダンプポーチ。元々は使用済みの銃のマガジンを放りこむための物らしいですが、何を放りこもうが自由。僕は旅先で帽子、カッパなどその場で思いついたものを投げ込みます。

f:id:graphes:20180505152721j:plain

好き嫌いのあるバッグかもしれませんが、今回の四国ツーリングで使用した感触としては気に入りました。アイデア次第ですね。

f:id:graphes:20180505152800j:plain

せっかくですから、PALSの例を。
メディカルポーチ(赤い十字があるやつ)をトルネードの前側に取り付け、その上に更にボトルポーチを付けて500ccのペットボトル対策。

f:id:graphes:20180505162052j:plain

メディカルポーチの中には一眼レフ。PALSはかなりしっかり取り付けできるので、このくらいの重さで外れることはないようです。

f:id:graphes:20180505162318j:plain


エストバッグもトルネードの前側へ。こんな感じでどんどん取り付けることができます。

f:id:graphes:20180505161845j:plain

G310GSで、四国ツーリング。

3年ぶりの四国ツーリングに行ってきました。
四国に魅了されてかれこれ何年だろう。もう10回以上は行っていますがまったく飽きることがありません。最初に書くようなことでもないですが帰って早々、既にもう行きたい。

熊本からのツーリングには都合がよく、熊本市内→阿蘇→九重→湯布院→別府港と、バイクには天国な快走路を早朝に流しながら別府(大分)→八幡浜(愛媛)のフェリーに乗ります。3時間超、船内でお弁当を食べながら海を楽しむとお昼には上陸。
写真は、別府港出港の様子ですが、早朝ツーリングを楽しんだあとに渋滞もなく海を渡れるって素晴らしい。
f:id:graphes:20180503154830j:plain


今回はそこから四万十川を目指しました。四国の南側と西側もまた快走路ばかり。スポーツバイクからカブまでどんな車種でも楽しいオートバイ天国です。沈下橋ってなぜだか郷愁感があっていいですよね。記念写真を撮る時はバイクを落とさないように気をつけましょう。

f:id:graphes:20180503154911j:plain

個人的にちょっとハマっている、ご当地茶。
味の差はそんなに気にしていない(笑)けど、見つけたら必ず購入して写メです。
今回は十和村の道の駅(ここ大好き♥️)で「しまんと緑茶」でした。

f:id:graphes:20180503160510j:plain

四万十川をたっぷり堪能したら、高速道路をヒョイと走って高知市内のホテルへ。シャワーを浴びて疲れを流したら美味しい土左料理を目指します。張りぼてとか言われたりしますが、夕方のはりまや橋はけっこう好きです。

f:id:graphes:20180503160430j:plain

定番であり最強ですね。かつおのタタキ。僕は塩でいただくのが好み。高知で美味しいかつおをいただくと、熊本で食べていたかつおがまるで偽物のように感じます。それくらい段違いに美味い!もう他に何も要りません。

f:id:graphes:20180503161022j:plain

と、言いながら、普段はやらないのですが、締めのラーメンを食べました。
高知の緩やかな夜の気候と屋台が合うんですよね。

f:id:graphes:20180503161221j:plain

翌朝、ホテルを出て高知城の前で撮影。普通、このレベルの観光地はセキュリティ厳しくて大手門の前にバイク置いて撮影なんて出来ないですけどね。高知は優しい町です。モラルは守りつつ早々に退去しました。

f:id:graphes:20180503161400j:plain

まーーーー、行きますよね、やっぱり。桂浜。海もいいけど、ここは松がいい。

f:id:graphes:20180503161717j:plain

f:id:graphes:20180503161736j:plain

これまた何度行っても飽きない大歩危小歩危(おおぼけ・こぼけ)。もう感謝ですよ、感謝。自然よ、ありがとう。何時間でもぼーーーっとしていられる。

f:id:graphes:20180503161915j:plain

f:id:graphes:20180503161934j:plain

f:id:graphes:20180503161950j:plain

今回のご当地茶、第二弾「歩危銘茶」。

f:id:graphes:20180503162019j:plain

本当にぼーーーーっとしていたら、夕方前になってしまい、寄るつもりだった坂出あたりの美味しいうどん屋さんが閉まっていた。。。開いているところでいただいたけど記録せず。十分似美味しくお腹は満たされたので、高速道路で一気に松山へ向かいました。
ホテルにチェックイン後、シャワーでさっぱりしたら、市電に乗って町へ。知らない町で公共交通機関に乗るのもまた楽しいですね。

f:id:graphes:20180503162419j:plain

380年続く、五色そうめんを「郷土料理 五志喜」でいただく。
美味しい。上品。また来よう。

f:id:graphes:20180503162438j:plain

翌朝の西日本は雨。帰り道だし覚悟が出来ていれば雨もまた楽しい。瀬戸内を眺めながら家路に着きました。写ってはいませんが、今回は初四国の友人が同行だったので、わりとノーマルなコースを辿りました。
また、夏にも行きたいぞ。次はキャンプかなぁ。林道かなぁ。

f:id:graphes:20180503163148j:plain

誰の為にもならないネタでした。
日記ということでご了承ください。

今回の走行距離は830km。
平均燃費は32,0kmでした。

参考までに。

G310GSにヘルメットホルダーを付けた

なぜに頑なに外国メーカーはヘルメットホルダーを純正で付けてくれないのでしょうか。外国ではそんなもの、ハサミで切られて盗られちゃうよ、ということでしょうか。
日本は平和でよかった。

とにかく日本でヘルメットホルダーがないのは不便なので取り付けました。
キジマ ヘルメットロック(BM-05012)を選択。
ハンドルまわりに取り付けるパーツも考えましたが、USBやスマホホルダーも付けているし、後々ハンドルガードも付けたいので割りと手狭。結局BMW用に出してくれているこの商品にしました。専用なので安心してネット購入できますね。

サイドカバーと、ヘルメットホルダーのツメが干渉しそうだったので、サイドカバーのナットを緩めて作業しました。ギリギリかわすことができました。

f:id:graphes:20180419131218j:plain

純正とまではいかないが、そんなに目立つことなく付いたように思います。

f:id:graphes:20180419131232j:plain

ヘルメットの取り付けは思うほどやりにくくはなかった。

f:id:graphes:20180419132628j:plain

しかし、位置がちょっと低いですね。
ステップまであと僅かの位置までヘルメットがきます。

f:id:graphes:20180419132637j:plain

これからツーリングシーズン。
ないよりは全然良い。ということで。


item.rakuten.co.jp

ヘルメットにB+COM(ビーコム)SB4X Liteを付けてみた

 

インカムにはまったく用事がありません。
なぜなら一緒に走ってくれる友達がいないから。笑
ソロキャンプは最近だけど、ソロライドはもうベテラン。

だから、あんまり理解していないままお店の人に相談したら、インカム性能について30分くらい語っていただいてお仕事中に申し訳なかった。重ね、インカムは使わないん(使えない)です。まして、グループ通話なんて僕にはまったくありえない。笑

ではなぜに相談したかというと、
① 知らない土地でお店やホテルなどへ直行したくなった時のナビ音声。
② 最近、5才の娘が電話をかける技術をマスターしたので無意味にかけてくる、その対応。
③ クソつまらない高速道路で暇を持て余して音楽を聴く。

の、3つです。

だから、電波はとばなくていいんだけどね。
スピーカーとマイク、Bluetoothはちょっと欲しくなった。

バイクでナビも普段は嫌いな方。
景色を見て、行きたい方へ走って、たまに迷ったりして。そんな走り方をずっと楽しんでいるので遠い旅先でもツーリングマップルがバイブル。でも、ホテルや四国の美味しいうどん屋へ直行したい時はけっこう困ったりもしました。時間があればそれも楽しいんですけどね。ただ、最近はバイカーにもスマホとデジタルの波が押し寄せてきてるんで、ここらで味わってみることにしました。

f:id:graphes:20180413155037j:plain

思った通り、けっこうデカイですね。
普段は外しておく可能性も大きいので、テープは使用せずにクリップで挟んでます。
両面テープを使ったのは、口元のマイクを差し込むウインドジャマーのみ。
配線処理とセットアップは簡単でした。

f:id:graphes:20180413155051j:plain

さすが人気商品。操作性はいいですね。
ただ、スマホと繋げるとチリチリとノイズが聞こえます。小さい音なので音楽などをかけると聞こえないのですが、他に持っているBluetoothのヘッドセット関係ではこんなことはないので気持ち良くはないです。とりあえずしばらく使ってみることにします。
オプションの高音質スピーカーを店員さんも薦めてくれましたが、バイクをライドしながら本気で音楽を聴く気は今のところないのでこの音質で十分です。そんなには悪くないですよ。家には真空管のホームオーディオを据えてるんで、本気で聴く時はそっちで味わいます。

f:id:graphes:20180413155102j:plain

さて、どれくらい活躍してくれるでしょうか。

因みに、インカムとは関係ありませんが、上の3枚の写真はスマホのポートレイトモードで撮影したものです。最近スマホが壊れたのでPixel2に買い換えたらこんな機能がついていました。ボケのコントロールが自然で驚きました。実際にF値もf1.8の明るいレンズがついていますが、もうコンパクトカメラの利点はないですね。
これについてはまた今度。

 

【早くも追記】

仕事の移動でちょっとだけ使ってみた。

音質はもう、じゅーーーぶんです。スピーカーを良い音で鳴らすには箱が重要ですが、と言う事はヘルメットの能力が問われることになる、と気づいた。メディアで、「どのヘルメットが良い音を出すのか?」という特集を組むべきだ。

それと、チリチリノイズもなくなった。たまたま電波が干渉してたんでしょうか。

問題は、調子に乗って音楽をかけると周りの環境音が聞こえない件。自転車でよくあるやつですね。これは使う側の問題ということ?

気をつけよう。でも好きな音楽をかけて乗るのもたまには気持ちいいぞ。